妊娠線と言えばお腹にできる、そんなイメージを持ってしまいがちですよね。しかし、実は思いもよらない意外な場所にもできるのです。

例えば、腕や内股です。お腹の妊娠線は予防できても、腕や脚まで予防しきれず、肉割れができてしまったという人も多いのが事実です。

しかしノワーレを使えば、予想外の場所にできてしまった肉割れもしっかりケアできます。また、できてしまう前に正しい知識を持っていれば、全身の妊娠線をしっかりと予防することができます。

そこで今回は、腕と内股の肉割れの原因とケアについてまとめていきたいと思います。

なぜ腕や内股にまで肉割れができてしまうのか?

前の記事で、肉割れの原因は乾燥であり、ノワーレの保湿成分が効果的だと述べました。

しかし、乾燥以外の原因も考えられます。腕と内股の肉割れは、それが原因である場合が多いのです。

まず考えられるのは、ホルモンバランスの変化です。

妊娠すると、女性の身体のホルモンバランスは段々と変化します。

女性ホルモンには、子宮内膜を柔らかくしたり、乳腺の発達を促進させたり、赤ちゃんを産むために必要なはたらきがあります。その女性ホルモンは、妊娠中期を過ぎた頃からは大きく増えます。

しかし、それが原因となって肌のターンオーバーは抑制されてしまいます。乾燥した古い皮膚は、結果として肉割れの原因になってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れは、栄養不足や睡眠不足によっても引き起こされます。バランスが乱れやすい妊娠中期~後期は、特に気を付けたいところです。

肌のターンオーバーを手助けするのに、肌を潤して柔らかくする効果のあるノワーレはうってつけです。

次に考えられる原因は、血行不良です。

筋肉量の違いや骨盤の違いなどにより、男性より女性の方が血行不良になりやすいとされています。

特に、デスクワークなどで長時間座っていることの多い方は、運動不足や冷えにより血行が悪くなりがちです。特にお尻から太ももにかけては脂肪が多い部位ですから、なおさら血行が悪くなりやすいと言われています。

適度な運動を心がける、湯船にゆっくり浸かるなどして、血行の良い肌状態を目指しましょう。

ノワーレを夜に使用する時には、お風呂上りの血行の良い肌に塗るのがベストです。お腹だけではなく、内股にもマッサージしながら塗り込みましょう。